要チェック!こんな腰痛は今すぐ病院を受診!

危険な腰痛
The following two tabs change content below.

山井 恭三郎(やまい きょうざぶろう)

【整体師/腸セラピスト/体幹回復ストレッチインストラクター】 腰痛ケアスタジオLines.の院長。建築業界のサラリーマン生活と子育ての両立に限界を感じている頃、自身の身体の不調から通っていた整体院で、整体師という生き方があることを知る。 退職後、整体を学び出張整体で開業。その一年後、現在の場所に整体院を開院し腰痛専門の整体師として施術に当たっている。

最新記事 by 山井 恭三郎(やまい きょうざぶろう) (全て見る)

院長:やまい
ブログの内容を音声ファイルにしてみました。文字を目で追いながら聞いていただくと理解しやすくなります。若干、漢字の読み方がおかしいこともありますが、その場合は脳内変換してくださいな。

 

最近、急に腰が痛くなってきた…

腰のあたりに刺すような鋭い痛みがある…

もう何ヶ月も腰が痛くて、全くよくなる兆しがない…

腰が痛いと思うように仕事もできなくて、イライラしたり不安になったりしますよね。

「痛いけど、しばらくすれば落ち着いて楽になるだろう」と考えている人も多いと思います。

ただ、単なる腰痛と安易に考えていると、重大な病気の兆候を見逃してしまっているかもしれません。

このページでは、重篤な病気の兆候をチェックリストにまとめてみました。

少しでも不安のある方は、まずはご自身でチェックをしていただいて、当てはまる項目があるようであれば、なるべく早めに医療機関にて検査を受けていただくことをお勧めいたします。

検査の結果、何もないとわかれば次の行動に移ることもできます。

心配事をなくすためにも重要なチェックリストになっています。

その腰痛、危険かも…

ほとんどの腰痛は、あわてて病院(整形外科)を受診する必要はありません。

しかし、中には放置してしまうことで、重篤な病気を見逃してしまうこともありますので、まずは下のチェックリストで腰痛の危険度をチェックしてみてください。

【危険な腰痛チェックリスト】

  1. 楽な姿勢がなく、安静にしていても痛みがある
  2. 痛みが日増しに強くなる
  3. ピンポイントに鈍い痛みが走る
  4. 腹痛を伴う腰痛
  5. 腰痛とともに発熱もある
  6. 短い期間で背中が湾曲してきた
  7. お尻や脚に痛みやシビレがある
  8. 脚のシビレにより長く歩けない
  9. 排便・排尿障害が出ている
  10. 体を動かすと痛む、楽になる姿勢がある

上記のチェックリストの内①~⑨にひとつでも当てはまる場合は、医療機関を受診して、原因の特定をしていただいた方が良いでしょう。

一つ一つ解説していきます。

①楽な姿勢がなく、安静にしていても痛みがある

筋肉に原因のある腰痛の場合、動きによって痛みが出たりします。また姿勢によって痛みが強くなったり、楽になったりします。

しかし、安静にしていても痛みが続くような場合は、背骨に問題が生じていたり、内臓の病気が考えられるため、なるべく早めの受診をお勧めします。

②痛みが日増しに強くなる

無理をせず、安静に過ごしていても痛みが進行し悪化していくような場合は、腰椎の感染症、転移性骨腫瘍の可能性も考えられます。

③ピンポイントに鈍い痛みが走る

腰や背中に狭い範囲で鈍い痛みがある場合は、結核菌に感染することによって起こる結核性脊椎炎の可能性が考えられます。

④腹痛を伴う腰痛

虫垂炎ちゅうすいえん、いわゆる『盲腸』で激しい腹痛と腰にも痛みを発生する場合があります。

また、腹部に脈打つようなドクンドクンといった感覚がある場合には、腹部の大動脈にコブのようなものができる腹部大動脈瘤ふくぶだいどうみゃくりゅうの恐れもあります。

⑤腰痛とともに発熱もある

背骨に細菌が感染して発症する化膿性脊椎炎かのうせいせきついえんの可能性が考えられます。

抵抗力の低下した高齢者に多く、糖尿病やガンの病気のある人が感染しやすいと言われています。

⑥短期間で背中が湾曲してきた

ここ最近、急に背中が曲がってきたり、体が横に傾くような姿勢になってきた場合は、背骨の圧迫骨折が考えられます。

圧迫骨折は、骨がスカスカになってしまい脆くなる症状で、中高年の女性に多く見られます。

尻もちをついたり、転倒したことがきっかけで起こることが多い背骨の骨折です。

⑦お尻や脚に痛みやシビレがある
⑧脚のシビレにより長く歩けない

⑦、⑧の場合は、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう、すべり症などが疑われます。

坐骨神経痛と呼ばれる症状で、背骨(椎骨や椎間板)の変異によって、その付近を通る神経を圧迫することで症状が発生している可能性があります。

⑨排便・排尿障害が出ている

頻尿や失禁、便秘など排泄が上手くコントロールできない場合、椎間板ヘルニアや腰部圧迫骨折などの可能性が考えられます。

こちらも脊髄神経を圧迫してしまうことで症状が発生している可能性があります。

⑩体を動かすと痛む、楽になる姿勢がある

一般的な腰痛の可能性が高いです。休息と軽い運動、姿勢の改善で次第によくなることが大半です。

ただし、気をつけているにも関わらず三カ月以上も症状に変化があらわれない場合には、なにかしら病気が隠れているかもしれませんので、受診を考えられた方が良いかもしれません。

様々ある腰痛の原因

厚生労働省によると日本には、約2800万人も腰痛の方がいると推計されています。

腰痛には、ぎっくり腰(急性腰痛症)、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア筋・筋膜性腰痛、仙腸関節由来の腰痛などがあります。

急に痛みが出てきたもの、慢性的に痛みがあるもの。

一口に腰痛といっても痛み方や痛みの度合い、痛みの発生期間も一人ひとり違いがあります。

色々ある腰痛の中ではっきり原因が特定できる腰痛は、たったの15%といわれています。

残りの85%の腰痛は検査をしても異常が見つからないというのが現実です。

腰痛の原因を示すグラフ

原因を明確化できる腰痛を特異的腰痛とくいてきようつう、原因が特定しきれない腰痛を非特異的腰痛ひとくいてきようつうと呼んでいます。

先程のチェックリストで『⑩体を動かすと痛む、楽になる姿勢がある』という項目以外は、すべて特異的腰痛に該当します。

中でも①~⑤

レッドフラッグ 危険な腰痛の疑い
①楽な姿勢がなく、安静にしていても痛みがある
②痛みが日増しに強くなる
③ピンポイントに鈍い痛みが走る
④腹痛を伴う腰痛
⑤腰痛とともに発熱もある
レッドフラッグ

上記の項目は、レッドフラッグと呼ばれ、赤信号の腰痛を意味します。

腰痛全体で見れば1~2%程度の確率ですが、かなり深刻な病気と言えます。

腰痛と一緒に発熱や腹痛がある場合や一般的な痛みと違う痛みを感じた場合には、迷わず医療機関を受診しましょう。

受診で気を付けるべきこと

 何科を受診すればよいのか?

MRI

一般的には、整形外科を受診することになります。ただし、夜間や休日等で急を要する場合には救急外来を受診しましょう。

下記に長岡市内の整形外科の一覧と救急診療のリンクを載せておきます。

長岡市内の整形外科一覧のリンク

[新潟県長岡市の整形外科一覧 – NAVITIME]

 

市内三綜合病院による二次救急診療体制が長岡市の救急診療のリンクから確認できます。

[長岡市の救急診療(2019年度版)

受診の際に伝えるべき内容

医師の問診
  • いつ頃から
  • 腰のどの辺りが
  • どんな感じで
  • どういう時に
  • その他の症状

●【いつ頃から】

いつ頃から痛みが出ているのか、痛みは強くなっているのか、徐々に弱まっているのかといった内容を伝えます。

●【腰のどの辺りが】

腰のどの辺りが痛むのか、ピンポイントで痛むのか、比較的広い範囲に痛みがあるのか、背骨の右側・左側などを伝えます。

●【どんな感じで】

痛みの表現を「ジンジン」、「ピリピリ」、「ズーン」といった擬音語でもいいですし、鋭い痛みなのか、鈍い痛みなのか、なるべく具体的に伝えましょう。

●【どういう時に】

歩いていると痛い、前かがみになると痛い、じっとしていても痛い、夜寝ていても痛いなど、痛みの発生する動作を伝えましょう。

●【その他の症状】

腰痛に伴って、発熱や腹痛、シビレや排尿障害などが出ている場合には、「これは腰の痛みとは関係ない」と自己判断せずにしっかりと伝えるようにしましょう。

上記の五つの項目を受診前に手帳やメモ用紙にまとめておくと、問診表を記入する際や病院の先生に説明するのもスムーズにできます。

 危険はないと診断されたら

病院を受診して、その結果危険が見つからなければ、まずは一安心ということになります。

ただ、危険がないとわかっただけで、原因がはっきりとわからない腰の痛みがいまだに残ってる状態ということになります。

ですので、そこから腰痛を治すための行動をスタートしなければなりません。

腰痛を治すためには、病院の先生の指示通りに通院することも大切です。

また、ただ漫然と病院でのブロック注射や処方される痛み止めや湿布を使っていても、その場しのぎになってしまいます。

健康の4要素

腰痛の改善には、腰に負担をかけない日常生活が重要になります。

日ごろの姿勢をに直してみてください。毎日の仕事の作業姿勢も見直す必要があるかもしれません。

また、筋肉は意識して動かしてあげないと筋肉中の老廃物はなかなか流れくれず、滞ってしまいます。

軽い運動やストレッチを日常に取り入れることも必要です。散歩なんかも十分運動になります。

そして、一日の終わりに質の良い睡眠をとってしっかりと体を休めることもとても重要です。

腰痛は自分自身の身体への無関心が生み出しているとも言えます。

今の腰痛を一つのきっかけにして自分自身の身体を健康に保つ姿勢も必要かもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まずは、下記の10項目をチェックしてみて、①~⑨の内、一つでも当てはまってしまったら、病院で検査してもらうことを考えてください。

  1. 楽な姿勢がなく、安静にしていても痛みがある
  2. 痛みが日増しに強くなる
  3. ピンポイントに鈍い痛みが走る
  4. 腹痛を伴う腰痛
  5. 腰痛とともに発熱もある
  6. 短い期間で背中が湾曲してきた
  7. お尻や脚に痛みやシビレがある
  8. 脚のシビレにより長く歩けない
  9. 排便・排尿障害が出ている
  10. 体を動かすと痛む、楽になる姿勢がある

この記事を読んでいただいたあなたが⑩以外に該当しないことを心から願っています。

危険な腰痛

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

【整体師/腸セラピスト/体幹回復ストレッチインストラクター】 腰痛ケアスタジオLines.の院長。建築業界のサラリーマン生活と子育ての両立に限界を感じている頃、自身の身体の不調から通っていた整体院で、整体師という生き方があることを知る。 退職後、整体を学び出張整体で開業。その一年後、現在の場所に整体院を開院し腰痛専門の整体師として施術に当たっている。