初めて当院の整体を受けられるお客様へ

初めての施術
The following two tabs change content below.

山井 恭三郎(やまい きょうざぶろう)

【整体師/腸セラピスト/体幹回復ストレッチインストラクター】 腰痛ケアスタジオLines.の院長。建築業界のサラリーマン生活と子育ての両立に限界を感じている頃、自身の身体の不調から通っていた整体院で、整体師という生き方があることを知る。 退職後、整体を学び出張整体で開業。その一年後、現在の場所に整体院を開院し腰痛専門の整体師として施術に当たっている。

最新記事 by 山井 恭三郎(やまい きょうざぶろう) (全て見る)

腰が痛い。肩こりがひどい。そんなときに選択肢として思い浮かぶのがマッサージや整体です。

ただ、初めてのお店では「どんな施術なのか?」「施術後はどうすればよいのか?」なんてことがちょっと不安だったりしますよね。

こちらでは、当院で整体を受けていただく際の注意点や施術後の過ごし方や気をつける点を解説しています。

初めて当院の整体を受けられるお客様へ

1.施術について

施術風景

当院では、患者さんの負担を少なくするために、なるべく力を使わずに効果のある手技を採用しています。

ただ、それでも施術を受けている際に「痛い」「苦しい」「気持ち悪い」「しんどい」などの不快を感じましたら、遠慮せずにお伝えください。

我慢をして受け続けることは、施術者にとっても患者さんにとってもお互いに良くありません。

お客様のお体の状態によって施術の感じ方は、千差万別です。

当院では、どのような状態の方にも「心地よい」と感じる施術が最も効果が現れやすいと考えています。

施術自体は、完全無痛というわけではありませんが、「イタ気持いい」~「気持いい」位を目指しておりますので、不快な感覚がありましたら、しっかりと施術者に伝えてください。

整体の効果を最大限に引き出すために施術を受ける際に適した服装もございますので、こちらもご覧ください。

整体を受ける際に適した服装・NGな服装

2019年10月2日

2.反応及び副作用について

だるい女性

なるべく強い好転反応が出ないように施術はしておりますが、人間の身体は機械ではないので施術後に色々な反応が出てくることがあります。

施術後、その日の夕方から夜にかけてや翌朝にだるさが出たり、筋肉痛のような痛みが発生したりする場合があります。

それは東洋医学でいう瞑眩(めいげん)反応といって、いわゆる好転反応です。

筋肉中にとどまっていた老廃物等が、整体によって流れが良くなった体液中に出てきたことによる体の反応です。

老廃物が排出されることで、その後に体はスッキリするでしょう。

これはむしろ効果の現れる証拠とされていますから、ご心配はありません。

時間が経つにつれて必ず良い結果を期待できます。

また整体には、薬のような副作用や習慣性は全くありません。

症状によっては、短い間隔での施術を提案させていただいておりますが、安心してお受けいただけます。

3.施術の効果と日数について

元気になった女性

整体の施術の効果は発症して日の浅い症状ほど早く改善がみられます。

最近になって腰の痛みが気になってきた方と数年から十年も慢性的に腰が痛い方では、同じように「痛い」という感覚でも、筋肉の状態や体の歪み方は全くと行っていいほど違います。

数回の施術で重い症状がグッと軽減する場合もありますが、慢性症状になると気長に続けなければなりません。

症状によって1日おき、2日おき又は1周間に1回程度で改善に向かう場合もありますので、当院の提案する施術計画にそってご来院されることをおすすめ致します。

整体を受ける適正な間隔の考え方については、こちらの記事で詳しくお話ししています。

整体によるメンテナンスの間隔はどれくらいが適正なのか?

2019年10月12日

4.日常生活について

ストレッチをする女性

どんなに良い施術を受けても日常生活で不摂生していては、施術効果が充分に発揮・持続されません。

1日も早く健康を取り戻すためにも治療中は次の事項を守ってください。

  • 睡眠は充分にとること
  • 普段の姿勢に意識を持つこと
  • お伝えしたセルフケアは実践すること

4-1.良質な睡眠をとる 

いくら体を整えても休息がなければ、筋肉をはじめとした体の組織は回復しません。しっかり体を休めて、疲れを取ってください。

一日に必要な睡眠時間は、7~8時間といわれています。

ただし本当に意識しなければならないのは、睡眠の質です。

マットレスや枕を適正に調整し、スムーズに寝返りのうてる状態にしてお休みください。

正しい枕

夜中にトイレで目が覚めるというのは、実はぐっすり眠れていないからともいわれています。朝までしっかり眠れる睡眠を目指しましょう。

4-2.普段の姿勢を意識する

そして普段の立っている姿勢や座っている姿勢を見直してください。肩こり、腰痛などの原因は普段の生活姿勢による一部の筋肉への負担の集中です。

負担の集中した筋肉は、老廃物が溜まり固く縮んでしまいます。そうなることでその筋肉の関連するほかの筋肉に影響を及ぼし、最終的に肩や腰に痛みとして現れます。

普段の姿勢を正し、負荷の集中を防ぎましょう。

ただ、最初からずっと良い姿勢は難しいと思います。

その場合には、

姿勢を意識する

まず姿勢を意識する→いつの間にか姿勢が崩れる→また、姿勢を正しくする→いつの間にか姿勢が崩れる→また、姿勢を正しくする

の繰り返しで構いません。負荷の集中する時間を少しづつ減らしていけばいいのです。

4-3.セルフケアの実践

もう一つお願いしたいのが、当院でお伝えしているストレッチやエクササイズなどのセルフケアです。

お悩みの症状を解決するうえで必要と考えられるセルフケアを施術後に提案させていただきます。

セルフケアの提案

時間がなくても2~3分で出来る内容のものですので、しっかりと実践していただきたいと思います。

またセルフケア以外にウォーキングや軽いジョギングを生活に取り入れると体の状態はさらに良くなっていきます。

症状が軽くなり、歩いたり走ったりで痛みが出ないようなら、ぜひとも習慣にしていただきたいものです。

上記はあくまでも一般的な注意事項です。その他は施術の際に個々に合わせて指導いたします。

初めての施術

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

【整体師/腸セラピスト/体幹回復ストレッチインストラクター】 腰痛ケアスタジオLines.の院長。建築業界のサラリーマン生活と子育ての両立に限界を感じている頃、自身の身体の不調から通っていた整体院で、整体師という生き方があることを知る。 退職後、整体を学び出張整体で開業。その一年後、現在の場所に整体院を開院し腰痛専門の整体師として施術に当たっている。