整体を受ける際に適した服装・NGな服装

The following two tabs change content below.

山井 恭三郎(やまい きょうざぶろう)

【整体師/腸セラピスト/体幹回復ストレッチインストラクター】 腰痛ケアスタジオLines.の院長。建築業界のサラリーマン生活と子育ての両立に限界を感じている頃、自身の身体の不調から通っていた整体院で、整体師という生き方があることを知る。 退職後、整体を学び出張整体で開業。その一年後、現在の場所に整体院を開院し腰痛専門の整体師として施術に当たっている。

最新記事 by 山井 恭三郎(やまい きょうざぶろう) (全て見る)

整体を受ける際に「どんな服装がいいんだろう?」って気になることはありませんか?

せっかくお金を支払って施術を受けるのに、着ている服装で施術の効果が十分に発揮されないなんてもったいないですよね。

この記事では、施術の効果が下がらず、整体師としても整体がしやすい服装をご紹介いたします。

施術を受ける前に一度チェックしてみてくださいね。

1.整体を受けていただく際におすすめの服装

基本的には、施術を受ける際に望ましい服装は、柔らかい素材の動きやすい服装で、なるべく薄手のものです。
具体的にどんな服装がおおすすめで、どんなものがNGなのか説明いたします。`

1-1.施術の際におすすめの服装

 

施術に適した服装

施術の際におすすめの服装は、コットンのスウェットやルームウェアのような柔らかく動きを妨げないリラックスできる衣服です。

上半身は半そででも構いませんが、ズボンはひざ下まであるものを着用してください。

ご自身でのご用意がない方は、当院のお着替えがございますので、必要な方はお申し付けください。

1-2.施術の際に避けていただきたい服装

硬く分厚い素材や薄手でも体を締め付けるような服装やカラダの動きを妨げる服装は避けていただきたいと思います。

①デニムパンツ(ジーンズ)やタイトパンツ

デニムパンツ

生地が厚く硬さもあるので、指の圧が適正に体に伝わらなかったり、ストレッチを施す際にも体の動きを制限してしまいますので避けてください。

②パーカーやフード付きの衣服

パーカ

首周りの状態の確認がしづらかったり、あお向けで寝ていただく際にフードが邪魔になり適正な寝姿勢がとれないので、ご遠慮ください。

③ランニングシャツ・タンクトップ・キャミソール

タンクトップ

ノースリーブ(袖なし)の着衣のままでは施術いたしかねます。なるべく半そでより長めのものでお願いいたします。

④Yシャツ・ブラウス

Yシャツとブラウス

首回りが固く、検査や施術に邪魔になります。また伸縮性が少なく、裾が長いため腕を上げたり、体をひねったりするのに動きを妨げてしまいます。

⑤ウィンドブレーカー・ナイロンジャケット

ナイロンやポリエステル素材のツルツルしたものですと、施術者の指が滑ってしまい効果が半減してしまい施術に適しませんので、ご遠慮ください。

⑥スカート・ショートパンツ

施術はベッドに横になっていただいて行います。うつ伏せからあお向けへの体位変換やひざを立てるなどの動作もございますので、まくれてしまう衣服や露出の多い衣服もご遠慮ください。

➆モコモコした厚手の衣服

骨格や骨盤の歪みの判断がしづらいことや施術の圧が適正に体に伝わらないなどの弊害がございます。

⑧コルセット・補正下着

体を締め付けるコルセットや補正下着を着用した状態では施術は行えません。動きが制限されるうえに本来の身体の状態が把握しづらいためです。

通常の下着であれば着用のままで問題ありません。

1-3.その他、気を付けていただきたいこと

【アクセサリー】
ピアス・ネックレス・ブレスレッド・腕時計などは、施術中にタオルに引っかかることがあり危険ですので、外してください。

【下着】
下着は、着用したままで大丈夫です。
※ただしボディースーツのような、締め付けるタイプのモノは、施術効果が半減してしまいますので、ご遠慮ください。

【靴下・ストッキング】
靴下は着用したままで大丈夫です。

ストッキングは、伝線する可能性がございますので、脱いでから施術を受けてください。

【髪の毛】
髪が長い方は、ヘアゴムで緩めにひとまとめにしてください。

まとめる際はポニーテールのように真後ろではなく、あお向けに寝て、結び目が寝姿勢に影響しないところでまとめてさい。

【メイク】
うつ伏せでの施術もありますので、お化粧が崩れてしまう可能性があります。

つけまつげもご注意ください。

施術後に更衣室でお化粧直しをしていただいて構いません。

2.当院でご用意しているもの

2-1.施術着

お着換え

当院では、お着替えをご用意しています。

上で述べたような施術に不向きな服装でのご来院でも、問題ありません。

必要な方はお申しつけください。

2-2.更衣室を完備しています

更衣室

完全個室の更衣室を完備しています。ハンガー・全身鏡が備え付けてあります。

お着替えが必要な場合は遠慮なくご利用ください。

また、更衣室内に綿棒、ウェットティッシュ、ティッシュペーパー、コーム、ヘアブラシ等もご用意していますので、施術後に簡単なお化粧直しも可能です。

アメニティグッズ

まとめ

整体の施術を受けるにあたって、適した服装は、柔らかい素材の動きやすい服装で、なるべく薄手のものです。動きやすくリラックスできる衣服を選びましょう。

また体を締め付ける服装やその他、施術の妨げになるものは出来るだけ身につけない状態で施術に臨んでください。

当院でも、お着替え、更衣室をよういしていますので、お気軽にご利用ください。

大切なお金と時間を使って整体というサービスを利用するわけですから、施術に適した服装で施術の効果を最大限に引き出しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

【整体師/腸セラピスト/体幹回復ストレッチインストラクター】 腰痛ケアスタジオLines.の院長。建築業界のサラリーマン生活と子育ての両立に限界を感じている頃、自身の身体の不調から通っていた整体院で、整体師という生き方があることを知る。 退職後、整体を学び出張整体で開業。その一年後、現在の場所に整体院を開院し腰痛専門の整体師として施術に当たっている。