腰痛と脚のしびれに悩んでいたMさんは・・・

Mさん
The following two tabs change content below.
アバター

山井 恭三郎(やまい きょうざぶろう)

【整体師/腸セラピスト/体幹回復ストレッチインストラクター】 腰痛ケアスタジオLines.の院長。建築業界のサラリーマン生活と子育ての両立に限界を感じている頃、自身の身体の不調から通っていた整体院で、整体師という生き方があることを知る。 退職後、整体を学び出張整体で開業。その一年後、現在の場所に整体院を開院し腰痛専門の整体師として施術に当たっている。
アンケート用紙

※画像をクリックで拡大

M.K.さま 長岡市在住 【会社員】 30代

【お悩み】
  • 腰痛
  • 脚のしびれ
  • 激痛のような鈍痛のような痛みが慢性化している
  • 我慢はできるがかなり辛い

いつも気になる腰痛と脚のしびれ

当院を利用する前にどんな症状で悩んでいましたか?
腰痛、脚のしびれ。
それを解決するためにどのようなことをされていましたか?
ストレッチ、整形外科への通院。
その結果どうでしたか?
薬等で一時的に痛みは和らぐが、またぶり返すの繰り返し。

楽に生活できるようになって嬉しいです。

他にも多くの整体院、整骨院がある中で何が決め手となって当院に来ていただけたのですか?
腰痛専門というところ。立地、雰囲気。
当院の施術を受けて、どのような変化がありましたか?
1回1回、施術を受けるごとにはっきり効果が出ている。
痛みや痺れもなくなってきていて、楽に生活できるようになってきて嬉しいです。

【Mさんの解説】

院長:山井 恭三郎Mさんは、6年ほど前のある朝起きたら腰に激痛が走り、その後しびれが気になるようになってきたそうです。整形外科に通いながら痛み止めを処方してもらい、1日一回飲むことで日常生活をなんとか過ごしてきたとのことです。

来院の以週間前から、痛みが強くなり痛み止めを朝、昼、晩の3回飲まないと生活が難しくなりました。それでも痛みがなくなるわけでもなく、ずっと痛みを我慢しながらお仕事をされてきました。

整形外科や痛み止めでの治療に限界を感じ、初めて整体を受けることを決心したそうです。

症状は、痛み止めを飲んだ状態でも腰に常に鈍痛があり、右足にしびれがある状態でした。いわゆる坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)です。整形外科でもそのように診断されていました。

検査でも、骨盤の歪み、肩の左右の高さのズレ、耳の高さの左右のずれ、耳の前後の左右差が顕著に出ていました。圧痛テストでも右アキレス腱、右臀部(お尻)、両僧帽筋(肩の筋肉)、頸椎(首の骨)周りを軽く圧迫しただけで、顔をしかめるほどの痛みを訴えていらっしゃいました。

施術では、背骨や骨盤の歪みを整え、各筋肉の負担、緊張を取り除くことに重点をおいて行いました。

施術後は姿勢の指導、自宅で行うストレッチをお伝えし、痛み止めに関してはMさんと話し合い、無理にやめることなく痛みが軽くなってきたら、減らすというようにしました。

経過

  • 初回来院 4月4日
    施術後の痛みの程度は少し楽になったかなという程度でした。
  • 施術2回目 4月11日 間隔7日後
    痛みの程度はぐっと楽になり、朝までしっかり眠れるようになったとのこと。1日3回だった痛み止めを2回に減らすことができました。またお通じが良くなったそうです。
  • 施術3回目 4月18日 間隔7日後
    痛みは少しあるものの、痛み止めは1日1回になりました。
  • 施術4回目 4月25日 間隔7日後
    痛み止めは3日に1回まで減らしても、だいじょうぶになりました。お腹もグルグルとなって内臓が元気になっている気がするとのことでした。
  • 施術5回目 5月9日 間隔14日後
    痛みはほとんどなく、快適に生活やお仕事ができたそうです。痛み止めは5~7日に1回程度。
  • 施術6回目 5月23日 間隔14日後
    痛み止めは一度も飲まなかったそうです。痛みは時々出ることはあるが大した痛みではないそうです。
  • その後
    施術を間隔を3週間おきに2回、4週間おきに3回させていただきましたが、痛みが出ることはなく。快適に生活を送られているようです。

Mさんには当初の症状をみて、もう少し短い間隔での施術を提案しましたが、お仕事の都合もあり1週間に1回程度からスタートしました。

Mさんご自身のストレッチや姿勢等の努力のおかげで、ぐんぐんと回復されて、来院されるたびにお顔が明るくなっていくのがとても印象的でした。

掲載の体験談は、あくまで個人の感想と結果です。
施術後の効果および結果を保証するものではありません。
Mさん

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

【整体師/腸セラピスト/体幹回復ストレッチインストラクター】 腰痛ケアスタジオLines.の院長。建築業界のサラリーマン生活と子育ての両立に限界を感じている頃、自身の身体の不調から通っていた整体院で、整体師という生き方があることを知る。 退職後、整体を学び出張整体で開業。その一年後、現在の場所に整体院を開院し腰痛専門の整体師として施術に当たっている。