【選ばれる理由5】あなただけに合わせたストレッチ指導

The following two tabs change content below.
アバター

山井 恭三郎(やまい きょうざぶろう)

【整体師/腸セラピスト/体幹回復ストレッチインストラクター】 腰痛ケアスタジオLines.の院長。建築業界のサラリーマン生活と子育ての両立に限界を感じている頃、自身の身体の不調から通っていた整体院で、整体師という生き方があることを知る。 退職後、整体を学び出張整体で開業。その一年後、現在の場所に整体院を開院し腰痛専門の整体師として施術に当たっている。
アバター

最新記事 by 山井 恭三郎(やまい きょうざぶろう) (全て見る)

お客様の声1

ストレッチも教えていただけて嬉しいです。(←していると全然違います!!)

ストレッチを教えていただけるのもうれしいです。

施術後は腰の痛みも和らぎ、さらにストレッチをいくつか教えていただきました。
どれも簡単なので無理なく続けられそうです。

自宅でもできるストレッチを教えて頂いた事もすごく効果があり
特にスポーツをしていて腰痛を抱えている方にもおススメです。

施術だけでなくセルフケアも毎回しっかりと教えてくれ真剣に腰痛を治そうとしてくれてとても良い。

施術とセルフケアの両輪があって初めて改善に進み始める

身体を治していくのに病院での痛み止めの薬や注射をしたり、整体を受けたり、整骨院などで電気治療やけん引などを受けることをパッシブケアと言います。

パッシブケアとは、受け身の治療を意味します。本人が何かをするのではなく受動的に治療を受けることを言います。

整体を受ける女性

整体を受ける=パッシブケア

反対に自ら体を動かし身体機能を向上させ体をケアしてくことをアクティブケアと言います。

ストレッチする女性

セルフケア=アクティブケア

ストレッチ、エクササイズ、姿勢を意識した日常生活などがこれに当たります。

このパッシブケアとアクティブケア。

どちらか一方だけでは、慢性化してしまった腰痛の改善は難しいと考えています。

改善しないとは言いませんが、どうしても時間がかかってしまいます。

ですので、当院では、施術とセルフケアの両輪で腰痛のケアを進めていきます。

私は、施術を全力で頑張りますので、あなたはセルフケアをしっかりとこなしていただきたいと思います。

現状に合わせたあなたの為のストレッチ

ストレッチや体操などが腰痛の解消に有効だと知っていても、

「何をやっていいかわからない」

「体のどこを伸ばせばいいのかわからない」

といった疑問を持っている方はたくさんいます。

また、テレビや雑誌の腰痛解消の特集で紹介されているストレッチやエクササイズをやっても逆に痛くなってしまったり、そもそも痛くてできないなんてこともよく耳にします。

そういったメディアで紹介されるケアは、間違ってはいないのですが、対象が明確ではありません。

ましてやあなた個人に向けられて発信されているものではないんです。

そういったことにならないように当院では、一人ひとりの症状や年齢、体力的状況に応じたあなただけのセルフケアをお伝えしています。

セルフケアの提案

セルフケアの提案

20代の方ができるセルフケアと60代の方ができるエクササイズは違います。

普段よく歩く方とほとんど歩かない方では、ケアの内容は変わってきます。

立ち仕事の方とデスクワークの方では、違ったストレッチになります。

状態の変化に応じてストレッチも変化

そして体の改善が進むにしたがって、セルフケアも追加していきます。

最初にお伝えしたストレッチやエクササイズが

楽にできるようになった

腰の痛みが気にならなくなってきた

という状態になれば、さらに効率の良いセルフケアをお伝えします。

伝えっぱなしで終わらない進化するセルフケア指導になっています。

最初は焦らず、出来ることからコツコツとこなしていきましょう。

資格に基づいたプロとしての提案

整体師として、習得した解剖学的知識やストレッチのインストラクターとしてのストレッチの知識に基づいて提案をさせていただいております。

一般社団法人「美しい姿勢を次世代につなぐ」認定
体幹回復ストレッチ・インストラクター

自治体や団体の依頼を受け、ストレッチ教室なども行っています。

ストレッチ教室

ストレッチ教室にて

自分で治せるという心の余裕

ストレッチやエクササイズなどのセルフケアを習慣にすることで、痛みのない体に変わっていくことを実感できるはずです。

そうなると自分で自分を治すことができるようになります。

痛みが出ない身体になれば整体というパッシブケア(受動的治療)から離れても大丈夫です。

アクティブケア(能動的治療)で良い状態を常に維持できますし、仮にさぼってしまって腰の痛みが出そうになったら、ひどくなる前にセルフケアを再開すれば、良くなることが経験で分かっていますから、不安になることがありません。

心の余裕は、気持ちが軽くなり腰痛の悪化も防いでくれます。これとは逆に不安(ストレス)は腰痛を悪化させることもあるんですよ。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

【整体師/腸セラピスト/体幹回復ストレッチインストラクター】 腰痛ケアスタジオLines.の院長。建築業界のサラリーマン生活と子育ての両立に限界を感じている頃、自身の身体の不調から通っていた整体院で、整体師という生き方があることを知る。 退職後、整体を学び出張整体で開業。その一年後、現在の場所に整体院を開院し腰痛専門の整体師として施術に当たっている。